福岡で芸術鑑賞に浸るならココ!芸術施設まとめ

音楽や舞台、ミュージカルなどに興味がある人は、福岡県へ芸術鑑賞へ行くことがオススメです。
福岡県は、多くのミュージシャンや画家、芸術家を輩出した県であり、そのことを背景として文化施設や芸術施設が多く建設されています。

芸術に興味がある人はもちろんのことそうでない人も観覧しているだけで心が癒されるスポットがたくさんありますので、今回はそんな福岡の芸術施設についてまとめてみました。

舞台施設が充実!建物のデザインにも注目!

福岡の芸術施設としてまずご紹介するのが、北九州市にあります北九州芸術劇場です。

商業施設とNHK、大学などと併設していることから毎日多くの観覧者が訪れる場所として知られています。

大ホール、中劇場、小劇場が整備されていますので、舞台の規模に応じて会場が確保されます。
ミュージカルだけでなく、バレエやクラシック演奏会、ファッションショーなども開催されますので、多様な芸術を満喫することができます。

北九州芸術劇場は、市民の芸術活動振興も推進しており、時より市民参加して製作された音楽や映画の上映も行われています。

福岡の舞台施設と言えば、博多座を忘れてはいけません。
名前の通り福岡市博多区に建てられている博多座は西日本屈指の舞台施設を誇り、歌舞伎や演劇を中心に芸術を味わうことができる施設です。

市営地下鉄の中州川端駅と直結した造りになっているため交通アクセスが抜群の場所と言えます。
博多座1回にはレストラン、売店には名物のお弁当が販売されていますので、観覧前にお腹を満たして技術に浸る人も多くいます。
もし、舞台のセリフが聞き取りづらい場合には、補聴器を保証金5000円と引き換えにレンタルできますのでこちらも嬉しいサービスとなっています。

アート作品を楽しむなら福岡アジア美術館

絵画作品やアート作品を楽しみたいという人には、福岡アジア美術館がオススメです。

この美術館は、常設展示として日本や中国、韓国などの歴史資料や文化調度品などを展示しています。
欧米には存在しないアジア独特のアート作品を日々収集して、一般の人にも公開しています。
歴史的なアート作品だけでなく、現代美術にも着目して個展が開催されています。

特に今年開催されたビートたけし展は、主催者の予想を上回る1万人以上の来場者を迎えて大盛況のうちに終了しました。
福岡アジア美術館は、前述した博多座から徒歩2分程度の場所にありますので、ミュージカルや歌舞伎と一緒にアート作品の観覧に訪れてみてはいかがでしょうか。

今回は福岡の芸術施設をご紹介してきました。

音楽や絵画、舞台など様々な芸術を楽しむことができるのも福岡の魅力のひとつです。
ぜひ、芸術鑑賞に訪れる際には今回ご紹介したスポットを候補に挙げてくださいね。

福岡生活ブログ teenangelsrock